Super8…スーパー8…

MV5BMTM5NzkxMzQ5MF5BMl5BanBnXkFtZTcwNDYwMTA3NA@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_
監督・脚本:J・J・エイブラムス
製作:スティーブン・スピルバーグ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
キャスト:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー


公開数ヶ月前から、その詳細がいっさい明かされず話題になっていた『スーパー8』。しかも、スティーブン・スピルバーグが製作に参加し、超ビックリ映画“クローバーフィールド”のJ・J・エイブラムスが監督と聞けば、映画ファンとして期待せずにはいられないっ…て事で早速観た観た。



1979年のアメリカ・オハイオ州にある田舎町。少年達がコダック製の8ミリカセットフィルム“スーパー8”で自主映画を撮影中に貨物列車事故に遭遇し、輸送中のアメリカ空軍の秘密貨物の正体を偶然にも撮影してしまう。果たして、その輸送中の貨物とは???

ここで、J・J・エイブラムス監督の本領発揮、その正体の見えそうで見えないシーンが観客の興味と不安をあおる。しかしこの映画、定番SFサスペンスの形を取りながら、実は家族再生・異星人との交流・仲間との連帯etc.をテーマとした正統派教育映画としての色彩が濃い。この点からも、エイブラムス監督の『E・T』やら『未知との遭遇』『グーニーズ』『宇宙戦争』などスピルバーグ映画へのレスペクト溢れる演出をストレートに感じ取ることができる。

とゆうわけで、往年のスピルバーグファンにとっては夢のような作品と言えるし、それを知らない世代にとってもワクワクドキドキの冒険SF映画として、安心して楽しめる映画です。
えっ?ワタシ?そうね、ま、悪くないっ…という感じでしょうか。でもやっぱ『クローバー・フィールド』のほうがウンと好きだな…。



ところで、映画製作少年団の紅一点、エル・ファニングちゃんが滅茶苦茶良いです。恐らく、お姉ちゃんのダコタ・ファニングを楽々凌駕する女優さんになるでしょう。エンドロールに流れる少年団製作のゾンビ映画も楽しいので、最後まで席を立たないで…。



スポンサーサイト
  •   29, 2011 00:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment