THE TREE OF LIFE…ツリーオブライフ…


監督・脚本:テレンス・マリック
キャスト:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「天国の日々」「ニュー・ワールド」の名匠テレンス・マリック監督が、1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、圧倒的なヴィジュアルと共に、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。主演は「イングロリアス・バスターズ」のブラッド・ピット、共演に「ミルク」のショーン・ペンとハリウッド期待の実力派ジェシカ・チャステイン。2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた。
 成功した実業家ジャック・オブライエンは人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。1950年代半ばのテキサスの小さな町に暮らすオブライエン一家。厳格な父は、成功のためには力が必要だと、長男のジャックをはじめ3人の子どもたちに理不尽なまでに厳しい態度で接してしまう。一方、全てを運命として受け入れる母親は、子どもたちを優しい愛で包み込む。そんな両親の狭間で葛藤を抱えながらも、2人の弟との楽しい時を過ごすジャックだったが…。



これ…、はっきり言って…、まったく評価の分かれる映画だと思う。プレビューやら事前解説である程度の前知識持って観たけれど、なんと言うか理解するにかなり難しい。同行者なんぞ、鑑賞後、席立つ前に一言「よくわからない…」。我々の前列の年配カップルは、なんと途中退席!!!したぞ。“カンヌ”“パルムドール”“ブラピ”“ショーン・ペン”といったキーワードに惹かれて観ると、見事に面食らう。

一応、父・息子の物語という体裁をそなえた物語。実はもっと根源的な人間のあり方を問う作品で、その自然観・宗教観を表現する壮大な映像に、テレンス・マリックの真骨頂がうかがえる。美しい映像に、ブラピの力演、子役達の瑞々しさに注目できれば、二時間を超える長尺ムービーに浸る値打ちは在るはず。誰かが言う様に、まさしく考えずに感じるべき大人の映画だった。


昨年の『ブンミおじさんの森』といい、この『ツリー・オブ・ライフ』といい、近年のカンヌ・フェスティバルは黄泉の国をさまよってる???
スポンサーサイト
  •   12, 2011 23:45
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment