OCEAN HEAVEN…海洋天堂…


監督・脚本:シュエ・シャオルー
撮影:クリストファー・ドイル
キャスト:ジェット・リー、ウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン
言語:中国語


(allcinema映画データベースよりコピペ)
「HERO」「エクスペンダブルズ」の世界的アクション・スター、ジェット・リーがアクションを封印し、わが子を想うごく普通の父親を好演した感動のヒューマン・ドラマ。自閉症の息子を男手ひとつで育ててきた父親が、自分の余命がわずかと知り、残される息子にひとりで生きる術を教えていく姿をユーモアを織り交ぜ、優しいまなざしで描き出していく。監督は、「北京ヴァイオリン」などの脚本を手がけ、長年自閉症施設で行ってきたボランティア活動での経験を基に書き上げた脚本で監督デビューを飾ったシュエ・シャオルー。




これはもう、ノーアクション・ノーギャラ!!!で好演したジェット・リーの独り勝ち。演技派俳優として見事に開眼しましたね。冒頭の、脚本にひと目惚れしたという彼のメッセージ通り、観る人すべてに豊かな感銘を与える作品に仕上がっている。自閉症の息子に扮したウェン・ジャンの熱演にも大きな拍手を贈りたい。
涙を誘うはずの哀し~いストーリーは媚び過ぎない演出で爽やかさを湛え、ささやかながら将来への確かな希望を導きます。水族館をフィールドにした設定も効果的で、美しすぎないオーシャンブルーが涼しげな日常を写し出す。そう、この作品は、凡庸な悲話に陥らない抜群のバランス感覚が際立っていると思う。
普段はこういう作品をあまり選ばないけれど、これは観て正解◎。



亀の甲羅を背負って泳ぐジェット・リーが最高!!!


スポンサーサイト
  •   25, 2011 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment