HANNA…ハンナ…


監督:ジョー・ライト
キャスト:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、トム・ホランダー、オリビア・ウィリアムズ、ジェイソン・フレミング、ジェシカ・バーデン、ケイト・ブランシェット


 

(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが、アカデミー助演女優賞候補となった出世作「つぐない」のジョー・ライト監督と再びタッグを組み、冷血な美少女アサシン役で新境地に挑んだサスペンス・アクション。元CIA工作員の父親によって殺人マシーンとして育てられた16歳のヒロインが、やがて父のもとを離れてヨーロッパ各地を旅しながら自らの宿命と向き合い、一方で父娘を執拗に追うCIA女性捜査官が送り込む刺客との壮絶な戦いを繰り広げていく姿を、迫力の格闘アクションとともに描き出す。共演は「ミュンヘン」のエリック・バナと「エリザベス」のケイト・ブランシェット。




これ、シンガポールエアライン機内・英語字幕で鑑賞。妙な意訳の字幕を通さないためか、非常に淡白な印象の映画だった。シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェットらが演ずる主要人物のキャラはいずれもクールで生活観全くなし。特に、悪役に徹したケイト・ブランシェットの作品への貢献度が高い。劇中、彼女のクローゼットに美しく並べられた靴が、その冷徹さを端的に表現している。
ジョー・ライト監督の、突き放したような演出ぶりは好みの分かれる所だけれど、ワタシはこういうの好きです。ついでに、ジョー・ライト作品には欠かせないトム・ホランダーがここでも好演。ネチネチしたオカマ役が笑える笑える。


それにしても、ケイト・ブランシェットが外反母趾とは…、ビツクリ!!!???



スポンサーサイト
  •   05, 2011 23:45
  •  0
  •  1

Comment 0

Leave a comment