US dollar を求めて彷徨う

急遽、必要となったUSドル。



手持ちの現金は日本円とタイバーツ。但しタイバーツは、当座の生活費だけ。
シティバンクの口座は残高十分で、いつでもどこでもATMで現地通貨が引き出せる。

円⇒バーツの両替でいつも利用する銀行はすぐ近くにあるし、他にも銀行はたくさんあるから、外出ついでに寄ればいいや…、と高を括っていた。


まず、行ったのがカシコン銀行。 k_excel.gif

いつもどおり円札を出して、『USドルに替えてくださ~い』と窓口のお兄さんにお願いしたら、『ちょっと、待って下さい』……えっ、何???

待つこと、数分。奥の扉からマネージャー風の男性が現れ、『ウチの銀行には、USドルが無いので両替できません』……はぁ? USドルが無いって、ちょっとココ銀行でしょ???

それでもめげずに、『そんじゃ、何処へ行けばUSドルに両替できますか?』
食い下がるワタクシに、冷たい一言、『わかりません。とにかくウチでは両替できません』って。
『わかりました!ありがと!』と言い放ち、カシコン銀行を出た。





ドルが無い銀行って…、と頭ん中グルグルしながら数軒先にあるアユタヤ銀行へ入る。krungsri2011.jpg

ここは両替専門の支店だから多分大丈夫と思ったけど、ちょっと警戒して、『お宅の銀行はUSドルありますか?』と聞いてみたら、
ナント!『すいません、こちらはタイバーツへの両替しか出来ないんです』と、申し訳なさそうに窓口のオネエさん。
ええっ、ここも駄目!!! でも物言いがとても感じよかったから許してあげるヮ、『わかりました。ありがとう』と穏やかにアユタヤ銀行を出た。


時間が夕刻に迫りつつあって、ちょっと焦る。銀行窓口って何時までだっけ???




う~~ん、バンコクの街中でUSドルを欲する外国人はいないのかぁぁぁ。でも、街中の両替屋には結構欧米人が立ち寄ってるよな。レート悪いけど、いっぺん試しに聞いてみよう。
と、BTSの駅にある両替屋で、
『USドルありますか?』
『はい、あります』
『日本円をUSドルに両替できますか?』
『出来ます。但し、円⇒バーツ、バーツ⇒USドルの二度手間になりますよ』と、親切な応答。

そうか、そりゃそうだよね。でも手数料がもったいないな。
『わかりました。ありがとう』




そうだ、そうだ。いずれにしても円⇒バーツ⇒USドルって、バカバカしい。
と、考えながら道路向かい側にある、本命バンコク銀行へ。
_TemplateResource1.gif


さすが、バンコク銀行。入ってすぐのところに両替専門の窓口がありました。
チラっとみたら、各国為替レートが掲示されてる。あ、ここなら大丈夫だ、とATMから引き出したバーツ札を差出し『USドルに両替して下さい』。

『ハイ』という返事も無く、黙々と両替作業する女性行員。なんだか高ピーで感じ悪い。時々隣の同僚とタイ語でやりとりしてるけど、当然何しゃべってるかわかんない。“コー・イープン”って聞き取れたから、この人日本人?て言ったのかも。



とにかく、目的のUSドルを確保。
単なる情報不足とはいえ、今日も汗汗ドタバタでした。




スポンサーサイト
  •   10, 2012 12:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment