アユタヤ観光その3…ワット・プラ・マハタート

続く遺跡は、ワット・プラ・マハタート。



これこれ、有名な菩提樹の根に覆われた仏の頭。自然災害によるものか、ビルマ軍の破壊によるものか、はたまた盗賊の忘れ物か…。実のところ由来は不明だそうです。


たとえ、欧米人でも仏の頭より高い位置で写真に納まってはいけません。必ずしゃがみましょう。


広大な遺跡群は、圧倒的なスケールで歴史の重みを語ります。



ビルマ軍侵攻により首をおとされた仏像群。



遠方左側、ワット・ラチャブラナのとうもろこし型仏塔(クメール様式)が見えます。



何だろね。ここ、すごく良かった。

スポンサーサイト
  •   27, 2012 00:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment