The Descendants…ファミリー・ツリー…

MV5BMjAyNTA1MTcyN15BMl5BanBnXkFtZTcwNjEyODczNQ@@__V1__SY317_.jpg
監督:アレクサンダー・ペイン
キャスト:ジョージ・クルーニー、シェイリーン・ウッドリー、ボー・ブリッジズ、ロバート・フォスター



(allcinema映画データベースよりコピペ)
ジョージ・クルーニーが家族との関係を見つめ直していく悩める父親を演じて高い評価を受けたコメディ・ドラマ。ハワイを舞台に、一族で受け継いできた土地の処遇を巡って決断を迫られ、さらには妻が事故で昏睡に陥る中、娘から衝撃の事実を告げられた男の混乱と家族再生への道のりを、深刻なテーマの中にもユーモアを織り交ぜ軽妙に綴ってゆく。監督は「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン。



オリジナルタイトルの“Descendants"は、子孫・末裔の意、邦題の“ファミリー・ツリー”は家系図の意。これは、ハワイの由緒ある家柄をルーツに持つ主人公のアイデンティティがテーマになっているからで、どちらも悪くないタイトルと思う。
昏睡に陥った妻、その妻の不倫、娘たちのとの断絶、祖先からの土地を巡る親族との絆、そして、最後には回復の望みの無い妻の生命維持に関わる重大な決断…、と、シリアスな問題に翻弄される主人公を、ジョージ・クルーニーが無理の無い演技で軽妙に体言。時折見せるコミカルなテイストも大袈裟になり過ぎず、好感が持てます。
同監督作の『サイドウェイ』や『アバウト・シュミット』の人物描写に比べると、ちょっぴりアクに欠けるのは、雄大なハワイの自然とジョージ・クルーニーのスマートさのなせる業か…。


オアフ島⇒ハワイ島⇒カウワイ島と舞台が巡るたびに、ハワイに行きたくなる映画です。ハワイの人々の人柄もおおらか~~~。
スポンサーサイト
  •   05, 2012 00:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment