Suan Pakkad Palace

1952年にラマ5世の孫チャムポット殿下夫妻が建てた迎賓館『スアンパッカード宮殿』。現在は歴史的価値の高い古美術や古代文明の土器などを展示した博物館となっていると聞いて訪問。

BTSパヤタイ駅から徒歩五分。



入口で入場料100バーツ払うと、一人にひとつカラフルな団扇が付いてきます。


館内は撮影禁止ですが、その庭園は撮影オッケ。


エアポートリンクの高架橋が無粋だわ。


植栽も美しく…。


都会の喧騒のど真ん中にひっそりと佇むタイ様式建築。背後にはバイヨークスカイタワーがそびえ立つ。




なかなか良いところでした。
ジム・トンプソンの家とも甲乙つけ難い落ち着いた趣き。
スポンサーサイト
  •   11, 2012 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment