パリ滞在四日目その1…ポンピドーセンター..幻のマチス展

パリ滞在四日目は日曜日。パリ市内、ほとんどのデパート、ブティック、小売店は定休日です。これは、法律で定められた休業日で、それに反してお店を開けると罰金を払わなければなりません。


この日はオペラ座ガルニエ宮を見学する予定が、なんと!ガルニエまで閉館。そんな~~~っ、と嘆いた末に向かったのが、ポンピドー・センター。世界最大級の現代美術の宝庫です。ちょうど。マチス展が開催中ということで、チケットを購入して入館。

これ、建設当時はパリの街角に似つかわしくない無粋な建物として物議を醸した ことも。


マチス展が開催されているギャラリーは五階。遠くモンマルトルを望む屋外部分にはレストランもあります。





ところが、ギャラリー前は長蛇の列。館内放送が、入場まで30分待ちと告げている。まずい、これに並ぶと、次の予定に間に合わないぞ!!!
泣く泣く列を離れ、せめてもの慰みに、一階ショップで図録を購入。あ~~~ぁ、幻のマチス展となりました。




いったい、何やってんだか。今日は朝からついてない???


スポンサーサイト
  •   22, 2012 08:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment