パリ滞在二日目その4…レストラン1728

ほとんど無計画の今回のパリ旅行。それでも、記念になるディナーをと、現地に到着してから選んだのが、某男性雑誌に紹介されていたレストラン『1728』。地元人気パティシエ、アルノー・ラエール氏のお気に入りレストランだそうです。


ホテルのコンシェルジュに予約を頼みタクシーで向かったのが、フォーブル・サントノーレ通りを北に入った路地の中。
DSC_1421_convert_20120418004015.jpg DSC_1419_convert_20120418004157.jpg


店名にもなっている1728年に建築された由緒ある建物には、ラファイエット将軍やポンパドール夫人も出入りしていたとか。
なるほど、入ってみれば格調高い調度品に彩られた王侯貴族の館を思わせる佇まい。こんなところがまだパリに残っているのね…と吃驚。照明もかなり控え目。
DSC_1407_convert_20120418004249.jpg DSC_1409_convert_20120418004338.jpg

DSC_1410_convert_20120418004427.jpg DSC_1415_convert_20120418005159.jpg



グラスシャンパンに続き、お手頃ボルドーワインを頼んでディナーが進みます。
DSC_1412_convert_20120418004552.jpg DSC_1414_convert_20120418004639.jpg

DSC_1416_convert_20120418004718.jpg DSC_1417_convert_20120418004847.jpg




が、この後、ハイソでお洒落~~~な地元パリジャン・パリジェンヌが続々と入店し、店内ほぼ満席。一気に週末のディナーの豊かな雰囲気が高まります。ハイ、当然写真など撮れるはずもなく、静かにゆっくりとお食事を頂きました。



まあ、我々のようなアジアの一般庶民は当然場違いなんだけれど、それでも決して粗末にされることなく、スタッフはあくまでも心地良いサービスを心がけてくれます。


得がたい経験をさせてもらい、なんとも興味深い夜でした。






スポンサーサイト
  •   20, 2012 12:00
  •  2
  •  0

Comment 2

Sat
2012.04.21
08:44

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/21 (Sat) 08:44 | REPLY |   
Sat
2012.04.21
11:38

sophiamaman  

okameさま

コメントありがとうございました。

マルモッタン美術館は、先回?先々回?のパリ滞在中に行ったので、今回はパスです。
マルモッタン、オランジュリー、ピカソ美術館にロダン美術館と、パリにはお気に入りのミュゼがいっぱい。行く度に、住みたくなる街です。

いつかは、長期滞在を…と企んでいますよん。

2012/04/21 (Sat) 11:38 | REPLY |   

Leave a comment