神楽家

かつてのフランス語仲間と栄ブロッサ南向かいの『神楽家』でお食事。


お品書き。


前菜。


皿鉢。


お食事。



最後に、和菓子の水無月とお抹茶で〆。



栄のど真ん中、古民家の個室はゆっくり落ち着けます。
スポンサーサイト
  •   10, 2012 11:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment