チェンマイ観光その1

タイ国第二の都市、チェンマイへ行きました。




着いてビックリ、山がある!!! あたりまえなんだけどね•••。
延々と真っ平らのバンコクに居ると、タイには山が無いっと錯覚しちゃう。


早速、お寺巡り。はじめに、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ。


350段の階段を•••、


登らずに、ケーブルカーを利用して、1080mのドイ・ステープ(ステープ山)山頂に立てば、チェンマイ市街地を一望できます。



本堂。


仏舎利を納める金の仏塔は22m。ピカピカ。



帰りもケーブルカーで降りると、麓には"ソンテウ"とよばれる乗り合いタクシーが観光客を待ち構えてました。




ちなみに、このソンテウ。黄色や青色も走ってます。チェンマイ市街地は赤。近郊は黄、青、と走る範囲によって色分けされているらしいです。



さて、チェンマイ市街地に降りて向かったのが、ワット・プラッシン。

後ろには白亜の仏塔が見える。


本堂へ入ると、

金の仏像が鎮座。

柱の装飾は、チーク材を彫刻した上に漆と金で塗装。美しい~~~。





続いて、ワット・チェン・マン。

エメラルド色のガラスモザイクが光る。


裏手にある古い仏塔が、趣きある佇まい。沢山の象が金の屋根を支えてます。



チェンマイは、13~20世紀の間栄えたランナータイ王朝の首都で、日本で言えば京都のような位置づけの街。従って、古くからのお寺など、他にも見るべき建造物が沢山あります。




ちょと駆け足でお寺巡りをした後は、地元の人で賑わう、“カオソイ(チェンマイ式カレーラーメン)”食堂でランチ。




店内、地元人みんなカオソイ食べてます。



バナナと海老の揚げ物、サテヌア(豚肉の串焼き&ピーナツソース)、スイカジュースが運ばれて来て•••、

そして、これが、カオソイ。
見た目イマイチだけど、個性的な味わいのカレー麺。まあまあ美味しいです。
スポンサーサイト
  •   04, 2012 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment