Dredd 3D

MV5BODkyNDQzMzUzOF5BMl5BanBnXkFtZTcwODYyMDEyOA@@__V1__SY317_.jpg
監督:ピート・トラビス
出演:カール・アーバン、オリビア・サールビー、レナ・ヘディ


(daco.co.thよりコピペ)
シルベスター・スタローン主演で映画化した近未来アクション『ジャッジ・ドレッド』(1995年)の原作コミック(1977 年)を再映画化。『トロン: レガシー』『バイオハザードIV アフターライフ』のCGチームと『第9地区』のアクションチームが脇を固める。
文明社会の崩壊後、唯一残された都市メガシティ・ワンは犯罪がはびこる暴力 的な世界と化していた。彼らに対抗できるのは裁判官・陪審員・死刑執行人の複合的な権力を持つ「ジャッジ」と呼ばれる警察官だけ。街に蔓延している危険な 麻薬「スローモー」を排除するため、ジャッジ・ドレッドは新米ジャッジのカサンドラとともに麻薬王マーマの拠点である超高層スラムビルに潜入する。




スタローン主演の『ジャッジ・ドレッド』って懐かしいタイトルに惹かれて、映画館へ赴いたけれど、随分と違った印象の作品になってました。これまさしくCGゲーム感覚満載の作品で、非常に興味深い。お話も半端なく超ハード。かなり刺激的なバイオレンスアクション映画です。
“美しくも怖い…”と表現されている人もいますが、確かに、目を覆いたくなるようなエグいシーンにもかかわらず、なぜだか見入ってしまう。怖いもの見たさとは違う感覚に襲われる、その美的センスは新鮮にさえ思えます。ただし、今のところ、日本での劇場公開予定はなさそう…。
スポンサーサイト
  •   25, 2012 21:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment