ARGO…アルゴ…

MV5BMTc3MjI0MjM0NF5BMl5BanBnXkFtZTcwMTYxMTQ1OA@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_
監督:ベン・アフレック
キャスト:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン


(allcinema 映画データベースよりコピペ)
79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を緊張感溢れる筆致でスリリングに描き出した衝撃の実録ポリティカル・サスペンス。監督・主演を務めるのは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」のベン・アフレック。共演にブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン。
 1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生する。その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込んでいた。しかしこのままではイラン側に見つかるのは時間の問題で、そうなれば公開処刑は免れない。にもかかわらず、彼らの救出は絶望的な状況だった。そこで国務省から協力を求められたCIAの人質奪還の専門家、トニー・メンデスは、ある計画を練り上げる。それは、架空の映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに来たスタッフに偽装させて出国させるというあまりにも奇想天外なものだった。さっそくトニーは「猿の惑星」の特殊メイクでアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバースの協力を取り付けると、SFファンタジー大作「アルゴ」の製作記者発表を盛大に行い、前代未聞の極秘救出作戦をスタートさせるのだったが…。





上記の解説で、大方の事は語られては居りますが、33年前にイランで起きたCIAによるアメリカ人救出実話がベースとなっている映画です。
そもそも、1979年のアメリカ大使館占拠事件をはっきりと記憶しているのは、私よりも年上の人ばかりのはずで、当の私も、そういえばそんなことがあったような無いような曖昧な記憶しかございません。ただ、はっきり覚えているのが、当時のイラン革命指導者『ホメイニ師』の名前と肖像。ま、この映画の中で彼の大きな肖像写真を見た瞬間!、一気にリアリティを認めることとなった訳です。特に、群集による大使館乱入、テヘラン市内の反米デモなど、ニュース映像のようなシーンの積み重ねは、重く心に圧し掛かります。歴史は常に繰り返され、人間は過去から学ぶことは出来ないのか…。

混乱のテヘランから、アメリカ人をカナダ人映画スタッフに見せかけて出国させるという無謀な計画は、終盤になって、アメリカ当局の計画変更という最悪の事態を迎え、あわや頓挫か…の危機を迎える事に。
しかし、そこからの展開が、常套でありながら一分一秒を争うサスペンスとなって、我々を緊張の渦に巻き込んでいく。そうなんです、ここで用いられる語り口は決して斬新なものではなく、むしろ使い古された手法なのに、なぜか引き込まれちゃう。これをベン・アフレックの手腕というべきか、はたまた、実話の持つパワーというべきか、難しいところですね。




個人的には、本国アメリカ=ハリウッドでの用意周到な準備段階が興味深い。タイトルの『アルゴ』は、その架空SF映画のタイトル。アラン・アーキン、ジョン・グッドマンが当時の映画人を演じ、しかもジャック・ニコルソンがノークレジットの本人役でチラリと登場します。プロデューサーにジョージ・クルーニーの名があり、来年のアカデミー賞呼び声高い(?)本作は、10/26日本公開。これって異常に早くない!?!
スポンサーサイト
  •   24, 2012 20:00
  •  0
  •  1

Comment 0

Leave a comment