日本亭でちらし寿司

バンコクネタも、"食"カテゴリーばかりで些か恥ずかしい•••、けど今日も食べる。


ラチャダムリ通りの日本亭へ行きました。

地階にあるお店のエントランスは、まさしく日本だわ。駐在おじさん達が喜びそう。
店内中居さんも和装のタイ人です。応対も日本語。しかし、挨拶に来た日本人女将は、何故か洋装(笑)でした。



福島の『鬼羅』を冷やで注文したら、根来の片口とガラスのぐい呑みで出てきた。

淡麗超辛口。旨い!!!


日本酒のアテには、鰻蒲焼と蛸の唐揚げ。

因みに蛸の唐揚げ、四切れで390バーツ!ワハハ、一切れ100バーツだよ。でも、美味しかったから許す。



はい、真打ち"ちらし寿司(松)"登場。

うん、なかなか美味しいです。マグロは、大トロと中トロ。雲丹、穴子、帆立貝柱、ホッキ貝、白身に蟹身(カニカマと違いますよん)•••とリッチな布陣。シャリも程よい食感。
実は私、お寿司はシャリが肝という自論があって、残念ながらこれまでバンコクでは納得の寿司飯に出会う事がありませんでした。が、ここのは合格。
しかも日本酒のお値段が安い。美味しく御機嫌な食事となりました。ごちそうさま~~~。
スポンサーサイト
  •   07, 2012 14:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment