Beirut Lebanese Restaurant

国際都市バンコク。ルーツの異なる様々な階層のタイ人がひしめき合って生活するバンコクには、世界中の国々からも多種多様の人々が訪れ、根付いています。
ちょっと古典的な表現ですが、まさにmelting pot。当然、"食"事情もバラエティに富み、各国料理を楽しめます。


という訳で、その一部をご紹介。


まずは、トンローsoi8にあるエイトトンロー2F、"ベイルート"のレバノン料理。



まずは、突き出しの野菜。3種のディップでいただきます。



セットランチから、二つ選んで仲良くシェア。これに、ピタパンが付いてきます。



ヒヨコ豆のペースト"フムス"が美味しい。トマトサラダやパセリサラダ、チキン&カレー味ポテトの揚げ春巻とラム&ポテトの揚げ春巻、ビーフとチキンのグリル、と二人分のメニューを楽しみました。

店内は、黄色・黒・ゴールドでコーディネートされ、アラブっぽい趣き。(写真撮り忘れ (~_~;))


野菜タップリのボリュームあるお料理は、日本食やタイ料理とは違った美味しさがありました。ご馳走さま~~~。
スポンサーサイト
  •   11, 2012 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment