ようやくワット・アルンへ..,

バンコクの寺院巡りの定番といえば、ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンですが、実は私、ワット・アルンにまだ行ってなくて、懸案の宿題となってました。


という訳で、パーククローン市場へ行ったついでに、ワット・アルンへ向かいます。


パーククローン市場から西へ進むと、右手にワットポー、左手に干物市場が見えて来ます。干し魚やするめが結構匂うなぁ…。






干物市場を横目に、3バーツの料金を払ってターティアン船着場へ。チャオプラヤ川を渡る舟に乗ったけれど、肝心の写真取り忘れ。




はあい、到着。ワットポー対岸にあるワットアルン(暁の寺)。

裾野を広げたようなスタイルが特徴です。


近くに寄ると…、

ヤックやモックが壁を支え、


陶器タイルで複雑に彩られています。



タイ10バーツ硬貨にも刻まれるその姿は、さすがに優雅ですなぁ


宿題を無事片付けることが出来て、満足満足。
スポンサーサイト
  •   09, 2012 08:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment