ネパールその3~世界遺産バクダバル~

カトマンズの東約15キロにあるのが、古都バクダブル。車でおよそ30分で到着。
こちらは、寺院や王宮跡だけでなく、路地をふくめた街全体が世界遺産になっているのが特徴です。


車を降りて、坂道を上がると、

レンガ+木造の古建築を利用したお土産屋さんが出現。


入場チケットを買って、ゲートをくぐります。、




じゃ~~~ん!

箱庭のようなダルバール広場(旧王宮広場)に、伝統建築物が静かに佇む。息を呑むような美しさ。


その一部、ゴールデンゲートをくぐり、

装飾木彫を眺め、


王様が沐浴したと言われる水場を一回り。

ヒンズー教徒オンリーのタレジュー寺院を横目に、


55窓の宮殿パチャパナ・ジャルを見上げる。



コレは、ナンだっけ???



いたるところに、美しい木彫装飾が施されています。



王宮広場を離れ、バクダブルの街を歩く。



沢山のパシュミナを店頭に飾るお土産店。

曼荼羅を描く絵師。

小さな広場では特産の焼きモノが並べられ、

ろくろ師も作業中。


更に歩いてトゥマディー広場に出ます。

五重塔・ニャタポラ寺院と大きなバイラブナート寺院に祀られる小さな御神体。


更に街のバザールを眺めつつ進み、








タチュパル広場に出ます。

ダッタトラヤ寺院とネワール彫刻の最高峰、僧院プジャリ・マートの孔雀窓。




以上街全体が世界遺産。修復されているとはいえ、いずれも見ごたえのある建築ばかりです。
スポンサーサイト
  •   21, 2013 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment