本日のお題・・・4/19英語・・・

今回は久しぶりに映画ネタが二つ。いずれもロジャー・イヴァートの批評から抜粋されたものだった。


一つ目は、『HOME(2008)』(日本未公開)というタイトルのフランス映画について。
MV5BNjQzNTg5Mzg0Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwODkzMDYwMg@@__V1__SX100_SY133_.jpg
10年間使用されていない高速道路の脇に住まいを構えたある家族。両親も子供達も高速道路を含めた広大な土地を自由に使い生活してたが、ある日突然建設工事が再開され、道路開通を期にたくさんの車が家の脇を行き交うようになる。予測はしていたものの、彼らの生活環境は大きく変化し、そして・・・。

イヴァート氏はそこから先を明らかにしないが、ごくごく普通の家族に見える主人公たちが、なぜこんな場所に住み始め、又住み続けるのか?という観る者の疑問に、充分答えることのできる合理性を示す優れた映画と語っている


二つ目が、アメリカで人気のベン・スティラーが主役を務める『Greenburg』。こちらは今年アメリカで公開されたばかり。
MV5BMTU4MzY4OTY0NF5BMl5BanBnXkFtZTcwOTc3OTQwMw@@__V1__SX91_SY140_.jpg
ロックバンドの一員だった主人公が、ブレイク寸前に何の説明もなくLAから立ち去りNYに逃れる。大工として貧しい生活を送っていた彼だったが、ある事をきっかけに再びLAに戻り自己確立を目指し…。

こちらも内容についてはここまで。その演出は多角的で非常に興味深い映画と語り、ベン・スティラーの魅力的な演技を絶賛している。
残念ながら、今のところ日本での公開予定は無い。。。
スポンサーサイト
  •   21, 2010 16:40
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment