DJANGO UNCHAINED

MV5BMjIyNTQ5NjQ1OV5BMl5BanBnXkFtZTcwODg1MDU4OA@@__V1_SX214_.jpg
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン


(allcinema映画データベースよりコピペ)
「キル・ビル」「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ監督が、南北戦争直前の黒人奴隷制を真正面から取り上げつつ、マカロニウエスタンへの愛を爆発させた痛快バイオレンス・アクション。元奴隷のジャンゴがドイツ人の賞金稼ぎキング・シュルツの助けを借りて壮絶な復讐に乗り出すさまを描く。主演は「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスと「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ヴァルツ。また、非道な農園領主を演じたレオナルド・ディカプリオのかつてない悪役演技も話題に。
 南北戦争勃発前夜のアメリカ南部。賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツは、お尋ね者三兄弟の顔を知る黒人奴隷ジャンゴを見つけると、彼の鎖を解き放ち、三兄弟の追跡に繰り出す。その後、ジャンゴの腕を見込んだシュルツは、彼を賞金稼ぎの相棒にして2人で旅を続けることに。しかし、そんなジャンゴが真に目指す先は、奴隷市場で生き別れた最愛の妻ブルームヒルダのもと。やがて、彼女が極悪非道な農園領主カルビン・キャンディに売り飛ばされたことを突き止めたジャンゴとシュルツ。2人はキャンディに近づくため、ある周到な作戦を準備するのだが…。



タランティーノ監督がオスカー脚本賞を獲得した『ジャンゴ・繋がれざる者』、見ました。マカロニウェスタン・ラバーのタランティーノが西部劇への熱いオマージュを込め、嬉々として撮った異色バイオレンスアクション映画です。

実のところ、マカロニウェスタンには全く疎い私ですが、冒頭のタイトルロゴと音楽が、『続・荒野の用心棒』まんまと知り、なるほど納得。しかし、単なるオマージュに終わらせないところがタランティーノの真骨頂で、ドイツ人賞金稼ぎと黒人ジャンゴを組ませるという、歴史上にはあり得ない設定で物語を膨らませます。
このドイツ人Dr.シュルツ演じるクリストフ・ヴァルツが、非常に合理的な発想でジャンゴをレスペクトしていく過程が、興味深いです。ま、個人的な好みかもしれませんが、監督はクリストフ・ヴァルツの使い処をよ~~~く判っていて、彼は『イングロリアス・ヴァスターズ』に続き、二度目のオスカーを獲得した訳で、助演とはいえ、長台詞、しかも英語・ドイツ語・フランス語を使いまわし、完全に主役のジェイミー・フォックスを喰っています。

もう一人印象深いのが、デカプー演じるムッシュ・キャンディの屋敷で黒人奴隷を束ねるサミュエル・L・ジャクソン。ストーリー展開の重要な役回りを演じ、コチラも初の悪役を好演したデカプーを喰ってます。傑作には名脇役アリのお手本ですヮ。

バイオレンスムービーの旗手であるタランティーノ映画らしく、容赦ない銃撃シーンとちょっとグロテスクな描写が有るけれど、アメリカ史上の暗部を半ば自虐的に語る彼の真面目さも伺える、面白い作品でした。だって、タランティーノ自身、出演して派手に爆死するんだもん…。ちなみに、日本での鑑賞レイトは+15だけど、バンコクでは+18。血しぶきや肉片が飛び散るので、鑑賞には要注意です。



『続・荒野の用心棒』で主役ジャンゴを演じたフランコ・ネロが、ムッシュ・キャンディとの賭けに負ける客人を演じ、主人公ジャンゴと対面します。DJANGO(ジャンゴ)のDを発音しないと聞いて、『知ってる』と答えるクダリが、西部劇ファンにとって感涙モノだとか…。残念ながら、勉強不足の私には判らないエピソードでした。無念。
スポンサーサイト
  •   16, 2013 08:00
  •  2
  •  0

Comment 2

Mon
2013.03.18
16:27

Maki  

私も西部劇はほとんど見た事がないので、sophiaさんのブログを読んで初めて知りました<m(__)m>
先週末、たまたま見ていたテレビ番組にレオナルド・ディカプリオさんが出演していました。脚本を読んで、役柄にナーバスになってしまったようですね・・・。撮影中に別の俳優さんに励まされ、ようやく立ち直れた等々言っていたのが印象的でした。

2013/03/18 (Mon) 16:27 | REPLY |   
Tue
2013.03.19
20:46

sophiamaman  

Makiさん

なるほど。
デカプーの演じた悪徳農場主は、奴隷制度というアメリカ歴史の暗部の象徴のような役柄でした。初の悪役という事も手伝って、真面目な彼とっては難しかったのかもしれません。
でも、私の目には、それほど悪辣な人格には映りませんでした。むしろ、合理性を重んじるビジネスマンという感じかな…。

2013/03/19 (Tue) 20:46 | REPLY |   

Leave a comment