SHADOW DANCER

MV5BMTQzMDYyMTk1OV5BMl5BanBnXkFtZTcwOTkyMTkzOQ@@__V1_SX214_.jpg

監督:ジェームズ・マーシュ
キャスト:アンドレア・ライズブロー、クライヴ・オーウェン、ジリアン・アンダーソン、ブリッド・ブレナン、エイダン・ギレン、ドーナル・グリーソン、デヴィッド・ウィルモット



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「キング 罪の王」「マン・オン・ワイヤー」のジェームズ・マーシュ監督が、トム・ブラッドビーの『哀しみの密告者』を映画化したヒューマン・サスペンス・ドラマ。イギリスとアイルランドの長い闘いの歴史を背景に、1990年代初頭の北アイルランドで、愛する我が子を守るため仲間を裏切りスパイとなったIRAの女性闘士の極限の葛藤を描き出す。主演は「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」のアンドレア・ライズブロー、共演に「トゥモロー・ワールド」「ザ・バンク 堕ちた巨像」のクライヴ・オーウェン。
 北アイルランドに暮らすコレットは、幼い頃からIRA(アイルランド共和軍)の活動に従事する家族の中で育ち、いつしか自らもIRAの闘争に身を投じていく。そんなコレットは1993年、ロンドンで爆破未遂事件の容疑者として逮捕されてしまう。幼い息子を抱えるシングルマザーのコレットに対し、MI5(イギリス諜報局保安部)の捜査官マックは、拘留を免除する代わりにスパイとしてIRA内部の動向を監視・報告するよう迫る。選択の余地のないコレットは、家族を欺き、密告者として生きることを決意する。やがてIRA幹部がスパイの存在を疑い始める一方、マックもまた、コレット以外にも内通者がいると気づき、自らの上司に疑いの目を向け始めるが…。



北アイルランドのIRA闘争は過激なテロ活動で知られ、近年まで英国との間に繰り広げられた暴力の連鎖により、数々の悲劇が繰り返されてきた。『父の祈りを』『麦の穂を揺らす風』など、その悲劇を真正面から描く名作も多く、いずれもその過酷さにたじろぐばかり。しかし今作は、テロ活動を真正面から捕らえるのではなく、心理サスペンスに焦点を当てているだけに、より深くより静かでより悲しい。救いようの無い悲劇的結末に、この歴史の悲惨さを思い知る事となる。暗い映像、台詞を最小限に抑えた脚本、実力派キャストの演技...。一見、抑揚の無いストーリー展開とも見えるけれど、心理劇として中々面白い映画だと思う。

クライブ・オーウェンは、こういう亜流の正義漢を演じると天下一品。ちょっとヤサグレた感じがイイ。しかしこの人、そういえば劇中でネクタイをキリリと締めた姿、見たことないなぁ。
スポンサーサイト
  •   02, 2013 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment