The Lone Ranger…ローン・レンジャー…

帰国以来、お預けになっていた映画鑑賞。船便引越し荷物も片付き、ようやく解禁です。


MV5BMjI3Mjk5MTUxOV5BMl5BanBnXkFtZTcwNTMyNzY3OQ@@__V1_SX214_.jpg
監督:ゴア・ヴァービンスキー
キャスト:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェームズ・バッジ・デール、ルース・ウィルソン


<allcinema映画データベースよりコピペ>
日本でも人気を博した往年のTVシリーズを、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、「ランゴ」のゴア・ヴァービンスキー監督&ジョニー・デップ主演コンビで映画化した西部劇アクション大作。復讐に燃える悪霊ハンター“トント”と彼によって瀕死の状態から甦った正義のヒーロー“ローン・レンジャー”の凸凹コンビが、巨悪への鉄槌を下すべく珍道中を繰り広げるさまをユーモアと迫力のアクションを織り交ぜ描き出す。共演は「J・エドガー」のアーミー・ハマーと「英国王のスピーチ」のヘレナ・ボナム=カーター。
 西部開拓時代のアメリカ。正義感あふれる郡検事のジョン・リードは、勇敢なテキサス・レンジャーの兄ダンを無法者一味に殺され、自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。そんな彼の前に現われたのは、ネイティブ・アメリカンの男、トント。少年時代の忌まわしい事件のために復讐に燃える悪霊ハンターだった。トントは、その聖なる力でジョンを甦らせると、それぞれが求める復讐と正義のため手を組むことに。そしてジョンは敵を欺くべく兄の形見をマスクにして、素顔を隠したヒーロー“ローン・レンジャー”となる。こうして共通の敵=極悪非道な無法者ブッチ・キャヴェンディッシュを追って旅に出た2人だったが…。




ディズニー映画が、その資本にモノを言わせ一大キャンペーン中の本作。1950年代日本でもヒットしたTVドラマシリーズの映画化とあって、劇場には年配の観客もおられました。

で、内容ですが、さすがディズニー映画だけあって、その資金と物量を感じさせるエンターテイメント映画に仕上がってます。
ジョニデ演ずる個性的なキャラクターとアーミー・ハマー演ずる優等生的ヒーローとのミスマッチを軽妙に散りばめつつ、西部開拓劇とアメリカ資本主義の目覚めを描き、終盤には二人のヒーローが大活躍する迫力のアクションシーンを用意するという大盤振る舞い。さすがに、150分に及ぶ長尺も手伝ってストーリーの散漫さが否めませんが、娯楽作品として見ればオッケではないでしょうか。。。



かなり穿った言い方をして、『資本というパワーが新たな正義さえも生み出すアメリカのキャピタリズムの一端を見た…』、というのはさすがに言いすぎかな?
スポンサーサイト
  •   06, 2013 12:00
  •  2
  •  0

Comment 2

Thu
2013.08.08
21:31

Maki  

これは例の『キモサベ』ですね?!
日本でも放送されていたとは知りませんでした( ..)φ

あと1週間で南国ライフとさようならです(^_^)v
Sophiaさんに会えるかも~と期待いっぱいの帰国♪
どうぞ今後ともよろしくお願いします<m(__)m>

2013/08/08 (Thu) 21:31 | REPLY |   
Fri
2013.08.09
16:49

Sophiamaman  

>Makiさん

そうです!!! "キモサベ"です。。。日本では、8/2に公開されました。バンコクでも上映中???

残り一週間ですか。日本は今、全国的な猛暑に見舞われてます。熱中症に気をつけて、お引っ越ししてくださいね。
日本で、ぜひぜひ会いましょう。

2013/08/09 (Fri) 16:49 | REPLY |   

Leave a comment