俵屋の設え

京都老舗旅館の雄、俵屋。何も申し上げることはございません。噂に高い洗練されたその設えを一部ご紹介。



麩屋町通りに面するエントランス。正面に車を乗り付けると…、

…美しく水の打たれた三和土から玄関登り口まで、あっという間に招き入れられ、そこから先はもう俵屋ならではの上質空間です。



屏風の満月に、兎もつい見とれ...。




ロビーには秋の虫...。



さりげない調度品も、本物ならではこそ…。



女将の夫君、故アーネスト氏の書斎も公開されています。






磨きあげられた床に調和した、秋の設え。




一階奥『寿の間』。俵屋初心者にふさわしい、懐深い佇まい。



噂のウェルカムスィーツ、蕨餅をいただき、いよいよ俵屋ステイの始まりです。
スポンサーサイト
  •   19, 2013 08:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment