Beginners...人生はビギナーズ...(DVD)

MV5BMjAyNDcxNTk3NV5BMl5BanBnXkFtZTcwMjk4MDU2NA@@__V1_SX214_.jpg
監督:マイク・ミルズ
キャスト:ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ヴィシュニック、メアリー・ペイジ・ケラー、キーガン・ブース、カイ・レノックス




(allcinemaよりコピペ)
「サムサッカー」で監督デビューを飾った世界的アーティスト、マイク・ミルズ監督が、自身の父親との関係を基に脚本を書き上げ映画化したハートフル・ヒューマン・ストーリー。長年連れ添った母の死後、突然ゲイであることをカミングアウトし、新たな人生を謳歌しはじめた父の姿に戸惑いを抱きながらも、自分の気持ちに正直に生きることの大切さを学んでいく主人公の葛藤と新たな恋の行方を描く。主演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演に「終着駅 トルストイ最後の旅」のクリストファー・プラマー、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン。
 アートディレクターのオリヴァーは、愛に臆病な内向的で真面目な38歳独身男。ある日、44年連れ添った妻に先立たれ、自らもガンを宣告された父ハルから、ゲイであることを告白される。厳格だった父の突然のカミングアウトに戸惑いつつも、病に立ち向かいながら新たな人生を謳歌し始めた父と語り合い、少しずつ距離を縮めていくオリヴァー。やがて父との永遠の別れを経て、大いなる喪失感を抱えたままの彼の前に、フランス出身の女優アナが現われる。互いに人と距離を置きながら生きてきた似たもの同士の2人は、ほどなく恋に落ちるのだったが…。




ゲイの父親を演じるクリストファー・プラマーが、オスカーを始めとする数多くの映画賞を総ナメにした作品です。『サウンド・オブ・ミュージック』の厳格な父親役だった、あのプラマー氏がゲイを演じるとは…、隔世の思いですな。
ま、そんな事より本作です。主人公と母親との関係を語る少年時代、ゲイ仲間と余生を謳歌する父親を看取る近過去、そして自らの恋愛に戸惑う今、という三つの時勢が絶妙(!?)に入り乱れつつ、主人公の心の軌跡が描かれます。そんな主人公の心の葛藤に共感できるかどうかが、評価の分かれ道。。。分かる人には分かる、共感できない人にはサッパリの作品でしょう。

夫と妻のお互いの心の闇によってもたらされる奈落は、子供にとって恐ろしくも奥深い。でも其処に、人生を切り開く鍵が隠されている。。。ほんと、オトナになるって難しいな。


いつも一緒の飼い犬アーサーの名演もどうかお見逃しなく。
スポンサーサイト
  •   22, 2013 00:00
  •  2
  •  0

Comment 2

Fri
2013.11.22
11:41

maki  

No title

とても興味深い作品ですね!Sophiaさんのブログに遊びに来なかったら気が付かなかったかも^ ^
ユアン・マクレガーといえば『ムーラン・ルージュ』で見た以来。いい感じで年を重ねてますね(*^_^*)

2013/11/22 (Fri) 11:41 | REPLY |   
Sat
2013.11.23
19:04

sophiamaman  

>Makiさん

はい、ユアンはホントに素敵な役者さんで、様々な役柄をこなしていると思います。
ただこの映画、BGMも少なく、意外にも全編ちょっと重苦しい雰囲気でした(汗)。 

2013/11/23 (Sat) 19:04 | REPLY |   

Leave a comment