A dangerous method…危険なメソッド…(DVD)

MV5BMTU5Mjk3NjgxMl5BMl5BanBnXkFtZTcwMDM5MjA5Ng@@__V1_SX214_.jpg
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
キャスト:キーラ・ナイトレイ、ヴィゴ・モーテンセン、マイケル・ファスベンダー、サラ・ガドン、ヴァンサン・カッセル



(allcinemaよりコピペ)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督がクリストファー・ハンプトンの舞台劇を映画化したヒューマン・ミステリー・ドラマ。二人の偉大な心理学者ユングとフロイトの友情と決別の軌跡を、知られざる史実をベースに実在したある女性患者との関係に焦点を当ててミステリアスかつ官能的に描き出す。出演はユングとフロイトにそれぞれマイケル・ファスベンダーとヴィゴ・モーテンセン、そして二人の研究と交流に多大な影響を与えた女性患者ザビーナにキーラ・ナイトレイ。
 1904年、チューリッヒ。若き精神科医ユングは、精神分析学の大家フロイトが提唱する“談話療法”を新たな患者ザビーナに実践し、彼女の心の奥底に眠る性的トラウマを突き止めて治療に成功する。しかし二人はいつしか医者と患者の一線を越え、愛人関係に。そんな中、一度は師弟のような友情を築いたフロイトとの間にも溝が生じ始めるユングだったが…。



クローネンバーグ監督にヴィゴ・モーンテンセンといえば、何といっても『イースタン・プロミス』がイチオシ。全編終始、何物をも無条件に圧倒する氷のように張り詰めた緊張感にシビれる作品でしたが、こちら『危険なメソッド』はチョイと違いました。確かにユングとフロイトとの間に生ずる軋轢には、独特の緊張感はあります。が、それは、学説上の乖離、身分生い立ちの格差、ひいては学会政治に由来するもので、かなり穏やか。静かなミステリーですね。
そんな作品中、ゲゲッ!と言わせるのが、キーラ・ナイトレイの怪演。心を病む女性患者を体当たりで演じ、二人の男性キャストを完全に喰ってました。正に女性は強しです。


結局、フロイトvsユングの決別よりも、ユング&サビ-ナの破局が印象に残る作品でした。終始保身に走るブルジョワ育ちのユングにガッカリ…、だな。
スポンサーサイト
  •   30, 2013 11:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment