The Best Offer…鑑定士と顔の無い依頼人…

MV5BMTQ4MzQ3NjA0N15BMl5BanBnXkFtZTgwODQyNjQ4MDE@__V1_SX214_.jpg
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
キャスト:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が「シャイン」のジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描く切なくも華麗な極上ミステリー。偏屈な天才オークション鑑定士が、姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄され、思いがけない運命を辿るさまを、巧みな語り口とサプライズな仕掛けでミステリアスに綴る。共演はジム・スタージェス、シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド。
 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。そんなある日、彼のもとに、亡くなった両親が遺した家具や美術品の鑑定をしてほしいという若い女性からの依頼が舞い込む。ところが依頼人は、決してヴァージルの前に姿を見せようとはしなかった。憤慨するヴァージルだったが、依頼人の屋敷である歴史的名品の一部とおぼしき部品を発見してしまい、この依頼を引き受けずにはいられなくなる。そして屋敷に通ううち、姿の見えない依頼人に少しずつ興味を抱き始めるヴァージルだったが…。




偏屈で潔癖、しかしその卓越した審美眼で希少な美術品を華麗にコレクションする天才鑑定士が、ミステリアスな依頼人の秘密に迫る極上サスペンス…と期待しましたが、ちょっと違いました。これ、傷つく事を恐れ現実に向き合ってこなかった老人の、"目覚め"の物語です。序盤に構築されたサスペンスの枠組みは、意外に早い段階で取っ払われ、中盤以降は心理劇に転じます。唯一、"オートマタ(機械人形)"に込められたミステリーだけがストーリーの鍵となるかと思わせるあたりがニクイな。

何はともあれ、とにかく主役のジェフリー・ラッシュの一人勝ち。嫌味で気難しい初老の老人が、美しい依頼人の手練手管に翻弄され、ついには手痛いしっぺ返しを喰らう様を熱演してます。ま、オスカーを獲得した『シャイン』の演技でその実力は証明済みですが、比較的静謐な役柄の多かった彼が、今回はドロドロ・グダグダな恋愛に溺れる男性をストレートに表現する姿に、私はちょっと戸惑いを感じました。やはり彼には、肖像画に封じ込められた美女に囲まれる事だけに生きがいを見出す冷徹さが、よく似合う。。。
スポンサーサイト
  •   29, 2014 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment