RUSH…ラッシュ/プライドと友情…

MV5BMTQyMDE0MTY0OV5BMl5BanBnXkFtZTcwMjI2OTI0OQ@@__V1_SX214_.jpg
監督:ロン・ハワード
キャスト: クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ



<allcinema映画データベースよりコピペ>
「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」の名匠ロン・ハワード監督が、F1の世界で宿命のライバルとして激しく競い合った対照的な2人の伝説的レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダのドラマティックにして感動的な死闘の軌跡を映画化した伝記ドラマ。主演は「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースと「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール、共演にオリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ。
 ジェームズ・ハントとニキ・ラウダは、F3時代からの宿命のライバルながら、その性格とレーススタイルはまるで対照的。ワイルドで天才肌のハントは、プライベートでも酒と女を愛する享楽主義のプレイボーイ。対するラウダはマシンの設定からレース運びまで全てを緻密に計算して走る頭脳派で、闘志を内に秘めてストイックに生きる優等生レーサー。1976年、そんな2人はF1の年間チャンピオンを巡って熾烈なデッドヒートを繰り広げる。2連覇を目指すラウダはシーズン序盤から着実に勝利を重ね、ライバルのハントを大きく引き離し、チャンピオン争いを優位に進めていた。そんな中、2人の運命を大きく変える第10戦ドイツGPが幕を開けようとしていた…。





『マイティ・ソー/ダークワールド』に続く、クリス・へムズワースの主演作『ラッシュ/プライドと友情』、観て参りました。ま、ジェームス・ハントを演ずる彼が主役か、ニキ・ラウダを演ずるダニエル・ブリュールが主役か、意見の分かれるところと思いますが、このアメリカ版ポスターは、ばっちりクリスのアップ。確かに、破滅的に命をレースに懸けるハントの人間性が、作品中でもワイルドに且つ魅力的に描かれてましたね。

個人的にはモーター・スポーツに疎く、もちろん1976年のワールドチャンピオンを巡る二人のデッドヒートに関する知識もないけれど、それでも、この史実に基づくストーリー展開とドキュメンタリーと見紛うような迫真の映像に心奪われ、かなり興奮しました。冒頭の数分間で、この二人の"人と為り"を描き出す演出も秀逸です。
そして、事故後の過酷な治療の中、活躍するハントを見つめ、ひたすら憎しみを増幅させるニキを嗜めたとされる医師の一言、『自らを奮い立たせてくれるライバルに感謝の念を…』が、究極のライバルのあるべき姿を表現しています。

モータースポーツファンならば、彼らに纏わる数多くの逸話に思いを馳せるもよし、もしそうでなくとも、男のドラマに酔いしれ対象的な二人の男性の人間的魅力を論ずるするもよし、そして何よりドライバーの心理を滲ませた目くるめく映像にアドレナリンを全開にすべき良作と思います。




スペイン生まれのドイツ人、ダニエル・ブリュール。独・英・西・仏語を操るマルチリンガルの彼が繰り出すオーストリア訛りの英語がかなりリアルです。それに引き換え、オーストラリア人のクリス・へムズワースの英語が、最後までイギリス英語には思えず…。コレって私だけかなぁ???
ついでに、日本語吹き替えにKink,Kid's起用とは、どうしても納得いかな~~~い!
スポンサーサイト
  •   11, 2014 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment