Dicaprio lost the Oscar again. …2014アカデミー賞…

ロサンジェルス現地時間、3/2夜、第86回アカデミー賞が発表されました。

主要部門受賞は以下の通り。


作品賞:それでも夜は明ける(スティーブ・マックイーン監督)
12 Years a Slave – Brad Pitt, Dede Gardner, Jeremy Kleiner, Steve McQueen, and Anthony Katagas

監督賞:アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
Alfonso Cuarón – Gravity


主演男優賞:マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズ・クラブ)
Matthew McConaughey – Dallas Buyers Club as Ron Woodroof


主演女優賞:ケイト・ブランシェット(ブルー・ジャスミン)
Cate Blanchett – Blue Jasmine as Jeanette "Jasmine" Francis


助演男優賞:ジャレット・レト(ダラス・バイヤーズ・クラブ)
Jared Leto – Dallas Buyers Club as Rayon


助演女優賞:ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
Lupita Nyong'o – 12 Years a Slave as Patsey




オスカー像を手にした男優女優の面々。
34edf48bd8be37eabb99a25981de7fe3_convert_20140303190320.jpg



はい、なかなか興味深い結果です。
SF映画の新境地を開拓したと絶賛された『ゼロ・グラビティ』は10部門ノミネート中、監督賞を含む7部門で受賞。しかし、肝心の作品賞では落選。変わりに作品賞に輝いたのが、スティーブ・マックィーン監督の『それでも夜は明ける』、初の黒人監督作品の受賞となりました。通常、監督賞と作品賞は同じ作品が選ばれる事が多いのですが、今回は痛み分け。タフなオスカーレースを象徴してますね。
個人的には『ゼロ・グラビティ』のSF作品としての価値をあまり認めていないので、アカデミー会員の良識に納得という印象です。やはり彼らはSF作品がお嫌い???


そして、主演並びに助演男優賞は、私の予想通りの二人が受賞し、こちらもさすがのアカデミー会員の裁量に激しく同意。女優賞に関しては、いずれの作品も未見なので、あえてコメントは無し。唯一声を高くして言いたいのは、彼女らの作品を"さっさと早く公開せよ!"。






残念ながら…というか、やっぱり予想通り…というか、デカプーは今回もオスカーを逃しました。ま、確かに体当たりの熱演ではありましたが、デカプーファンの皆さんゴメンナサイ、あの駄作(ウルフ・オブ・ウォール・ストリート)では無理でしょう。もうちょっと品位が欲しかった…。
208aa1888151567e3311798dbd2db3ff_convert_20140303190440.jpg
オスカーを獲得したマシュー・マコノヒーを祝福するデカプー。胸中や如何に…。



スポンサーサイト
  •   03, 2014 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment