The secret life of Walter Mitty…LIFE!…


監督:ベン・スティラー
キャスト:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、 シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン


(allcinema映画データベースよりコピペ)
ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニー・ケイ主演の名作コメディ「虹を掴む男」を、ベン・スティラーの監督・主演でリメイクしたファンタジー・アドベンチャー・コメディ。平凡で退屈な毎日を送り、白昼夢を見ることが唯一の趣味という主人公が、ある危機に直面したことから現実世界で大冒険の旅に飛び込んでいく姿をユーモラスかつエモーショナルに綴る。共演はクリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン。
 ニューヨークの伝統ある雑誌『LIFE』で写真管理部という地味な仕事に就いている平凡な男ウォルター。単調な日常を送る彼の唯一の趣味は空想すること。現実世界では秘かに想いを寄せる同僚のシェリルに話しかけることさえままならない彼だが、空想の世界ではどんな危険にも怯まない勇敢なヒーローとなって大活躍するのだった。そんな中、『LIFE』の最終号を飾るはずだった写真のネガが行方不明になっていることが判明する。追い詰められたウォルターは、ネガのありかを直接聞き出すため、世界中を冒険している写真家ショーンを追って自らも冒険の旅に出るのだったが…。




個人的に、以前よりベン・スティラーのコメディセンスはかなりお気に入り。日本での売り方にちょっと違和感ありますが、『トロピック・サンダー』以来の監督作『LIFE!』、公開初日に観て参りました。
これ、かなり真面目に撮られたオトナのファンタジー。まず何より、主人公の実直なキャラ設定がポイントになってます。地味な写真管理という職業も粋な設定で、その事が映画のオチに上手くループ、ベン・スティラーの本作に対する入れ込み様が伺えます。
写真家ショーンを追う過程で披露されるプロットは、殆んど夢物語ではありますが、そこはそれ、オトナの自分探しロードムービーという事で許しましょう。ちりばめられたギャグセンスも上品ですし、ベン・スティラーの体当たり演技も好感がもてる。素直な気持ちで主人公の勇気とその成長振りをしかと見届けて下さい。


デートサイト"eハーモニー"のオペレーター、テッドの役回りが秀逸。絶妙のタイミングで主人公ウォルターの生活に割り込み、たびたび笑いを誘います。やっぱ、映画は脚本が大事だよなぁ。。。
スポンサーサイト
  •   22, 2014 10:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment