All is lost…オール・イズ・ロスト~最後の手紙~


監督:J・C・チャンダー
キャスト:ロバート・レッドフォード


(allcinema映画データベースよりコピペ)
御大ロバート・レッドフォードが、大海原で単独遭難し、極限のサバイバルを強いられる男を一人芝居で熱演して絶賛された感動の海洋ヒューマン・アドベンチャー。自家用ヨットに乗りインド洋をたった一人で航行する男。ある日、大きな漂流コンテナと衝突、船体に穴が開いてしまう。運悪く、浸水によって全ての電子機器が故障してしまい、通信手段を失ってしまう。絶望的な状況の中、男は生き延びるために必要な作業を黙々と行っていくが…。監督はデビュー作となる前作「マージン・コール」が各方面から高い評価を受けた注目の新鋭J・C・チャンダー。




登場人物は一人。バックグラウンドどころか、その名前さえも明かされない。our manと称される主人公は、ただひたすら生存本能を発揮し、直面する数々の危機を冷静に黙々と乗り越えていく。それ以上でもそれ以下でもないシンプルなサバイバル映画でした。宇宙モノの『ゼロ・グラビティ』と比較される事が多いようですが、こちらのほうがリアリティがあって遥かに面白い。要するに同化できるんです。そして、あらためて思い知らされる、"人は生き抜くために、あらゆる努力を惜しんではならない" 、と。

この凄まじい作品を支えるのが、綿密な脚本と撮影技術、そして御歳77才になるロバート・レッドフォードの演技です。台詞の殆んど無い難しい役どころを、圧倒的な存在感と渾身のアクティビティで演じきりました。昨今、いささか押し付けがましい説教映画を監督することの多かった彼ですが、久しぶりに純粋な演技者として、その実力を示しています。
刻々と悪化する状況の果てに、主人公が掴む物とは?夢か希望か幻か…、ラストシーンの解釈は様々でしょう。


邦題のサブタイトル『~最後の手紙~』は全くの無用。誤解を招くようなプロモーションはやめてね、配給会社さん。。。
スポンサーサイト
  •   01, 2014 23:30
  •  2
  •  0

Comment 2

Fri
2014.04.04
22:01

うずまき  

こんばんは!
もう77歳になるんですね!
以前ブラッド・ピットとの共演作を見た時に、ちょっと年を取ったかな?
なんて思っていました。ラストシーン気になるところですね。
 
さて、タイへは11月、12月を予定されているのですね。
私達も乾季の予定ですが、濃厚なのは年末年始でしょうか・・・。
バンコクとクラビorホアヒンに行けたら良いな♪と思ってます。
プロンポンのエンポリⅡ、だいぶ出来あがってきましたよ~。
語学学校時代のお友達が写真を送ってくれました^^

2014/04/04 (Fri) 22:01 | REPLY |   
Sat
2014.04.05
00:45

sophiamaman  

>Makiさん

ブラピとの共演は、"スパイ・ゲーム"の事かな。。。
この作品、地味だけどなかなか興味深い良作でした。でも、ロバート・レッドフォードは、一段と歳取った感じです。

エンポリⅡですか。今年の冬には開店するかな。私は1人旅なので、バンコクでのんびりするつもりです。優雅にマンダリン・オリエンタルで長期滞在出来たら良いなあ。

2014/04/05 (Sat) 00:45 | REPLY |   

Leave a comment