AIN'T THEM BODIES SAINTS…セインツ-約束の果て-…

MV5BMjg2MjI1OTU2M15BMl5BanBnXkFtZTcwODc3MzM5OQ@@__V1_SY317_CR2,0,214,317_
監督:デヴィッド・ロウリー
キャスト: ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスター、ネイト・パーカー、ラミ・マレック、キース・キャラダイン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレックと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが、離ればなれとなりながらも互いに求め合う犯罪者カップルを演じた哀切のクライム・ドラマ。共演に「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。監督はこれが長編2作目の新鋭デヴィッド・ロウリー。
 1970年代のテキサス。強盗を繰り返してきたカップル、ボブとルース。ルースが身ごもったことを機に、ふたりは足を洗う決意を固め、最後の銀行強盗へと向かう。しかし保安官たちに包囲されてしまい、銃撃戦の中でルースの放った銃弾が若い保安官パトリックの肩に命中してしまう。もはやこれまでと観念したボブは、ルースを庇って罪を一人で被り投降、代わりにルースは無罪放免となる。4年後、4歳になる娘と静かに暮らすルースの前にあの時の保安官パトリックが現われ、ボブが脱獄したと告げる。また、陰でルースを見守るパトリックだが、秘めたる恋心は隠しきれないでいた。そんな中、追っ手をかわしながらルースとまだ見ぬ娘のもとを目指すボブだったが…。



ケイシー・アフレックとルーニー・マーラーという個性的若手が主演の、なんとも救いようの無い切ないラブストーリーです。
犯罪者カップルとして人気絶大のボニー&クライドの物語『俺たちに明日は無い』と比較されるようですが、この作品には、破滅に向かって青春を突っ走る圧倒的なエネルギーは表現されません。有るのは、断ち切ることのできない静かな愛、いやむしろ、たとえ様の無い深い哀しみだけ。
子供を授かり、守るべき者を与えられたボブとルースは、他者には踏み込む事のできない闇のような絆で結ばれ、その事がお互いを不幸に導いて行く。再会を果たさねばならず、そして決して会ってはならない。どの道、二人には明るい将来など待っていないのです。

この微妙な緊張感を主役の二人は繊細に演じ、作品には終始静謐な空気が漂います。相変わらずケイシー・アフレックは上手いし、ルーニー・マラーの息を飲むような美しさも光る。そして、その二人に付かず離れず関わるのが、保安官パトリックとボブの父親スケリット。このスケリットを演じるキース・キャラダインの渋い演技が、物語により一層の深みを与えています。

決してドラマチックな作品ではありませんが、深い心理描写に長けた、味わいのある作品でした。



スポンサーサイト
  •   12, 2014 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment