THE WORLD'S END…ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う…


監督:エドガー・ライト
キャスト: サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク、ピアース・ブロスナン、ビル・ナイ


(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのゴールデン・トリオが、前2作と合わせて3部作の完結編という位置づけで贈るSFアクション・コメディ。幼なじみの冴えないボンクラ中年男5人が、故郷の町でおバカなパブ巡りを敢行する中で、想像を絶する大騒動に巻き込まれていくさまを、往年のSF映画へのオマージュ満載に描く。
 イギリス郊外の町ニュートン・ヘイヴン。ここに、いまや冴えない中年オヤジに成り下がったゲイリーらかつての悪友5人組が集結する。目的はただ一つ。学生時代に果たせなかった“パブ・クロール(パブのハシゴ呑み)”を今度こそ完遂すること。こうして5人は、ゴールとなる“ワールズ・エンド”という店を目指し、一晩で12軒のパブを巡る過酷な挑戦を開始する。そんな中、町では思いもよらぬ事態が静かに進行していたのだが…。



イギリスの人気コメディ俳優、サイモン・ペグ&ニック・フロストとエドガー・ライト監督が名を連ねていれば、期待せずにはいられません。私実は『ショーン・オブ・ザ・デッド』は未見ですが、『ホット・ファズ…』のギャグセンスにははまりました。はてさて、今作は如何に…。

はい、期待を裏切らない、ナンセンス・アクション・コメディでした。
いやあ、主演のサイモン・ペグが冒頭からエンディングまで、ハイテンションで突っ走ります。素早い台詞回しには残念ながら付いていけませんでしたが、それでも充分楽しめます。序盤は抑え気味のニック・フロストも、いったん火が付くとエンジン全開し、サイモン・ペグにも負けない活躍振り。とにかくこのコンビは、ほんと面白い。
そもそもこの作品、大のおとなが"ビールの梯子酒"をひたすら続ける、という単純なプロットでストーリーが押しすすめられますが、後半一気にSFアクションに転じ、ラストは皮肉な文明批判で幕を閉じる。ドタバタ活劇の中に、ホロリとさせるペーソスも見え隠れする、様々なエッセンスが盛り盛りの楽しい作品でした。

まあ、ちょっと、観る人によっては"まったく笑えない"、かもしれませんが、時には頭カラッポにして、ナンセンスギャグを楽しむのも良いんじゃない。。。


スポンサーサイト
  •   15, 2014 08:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment