AUGUST: OSAGE COUNTY…8月の家族たち…

MV5BNzQ5ODE4NTcxNV5BMl5BanBnXkFtZTgwNjkyNDQ0MDE@__V1_SX214_AL_.jpg
監督:ジョン・ウェルズ
キャスト:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、マーゴ・マーティンデイル、ダーモット・マローニー、ジュリアンヌ・ニコルソン、サム・シェパード、ミスティ・アッパム



(allcinema映画データベースよりコピペ)
トレイシー・レッツによるピューリッツァー賞&トニー賞W受賞の傑作舞台を、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガーはじめ実力派豪華キャストの競演で映画化した群像コメディ・ドラマ。父親の突然の失踪をきっかけに、オクラホマの実家で久々に顔を揃えた母親と三姉妹が、互いに衝突しながら繰り広げる濃密な愛憎の行方を描く。監督はデビュー作「カンパニー・メン」で高い評価を受けた俊英ジョン・ウェルズ。
 8月のある暑い日。父親が失踪したとの知らせに、滅多に顔を合わせない三姉妹がオクラホマの実家に集まる。長女のバーバラは反抗期の娘に手を焼き、夫との関係にも問題を抱えていた。自由奔放な三女カレンは怪しげな婚約者を同伴し、ひとり地元に残る次女アイビーはいまだに独身のまま。そんな娘たちを迎えた母バイオレットはガンで闘病中ながら、相変わらずの歯に衣着せぬ毒舌ぶりで、いつしか家族の間に不穏な空気が漂い始め…。




メリル・ストリープといえばオスカー常連の名女優で、その高い演技力でファンを魅了する実力派です。が、実は私、そのメリル・ストリープが苦手でございます。これは以前にも記事に書いた事があるのですが、要するに上手すぎるのです。上手すぎて隙がない。なんと言うか、その誰をもねじ伏せるような圧倒的な彼女の演技力が、私には息苦しいのです。決して嫌いな訳ではないのですが…。

で、本作『8月の家族たち』ですが、ハイ、やっぱり彼女は素晴らしかった。娘役のジュリア・ロバーツも頑張っていましたが、はっきり言ってメリル・ストリープの足元にも及びません。
彼女の演じる主人公バイオレットは、愛憎相半ばする家族親族の軋轢を白日の下にさらけ出し、常に自らの感情を最優先させる。その傍若無人ぶりはただただ凄まじく、見る人によっては無神経で下品な老人にも見えるかもしれませんが、言い方を替えれば常に真理を求めているだけ。真実と真理の相反を受け止めつつ自己を維持しようと格闘する彼女を、私は批判する事ができませんね。
いやあ、なかなか面白い作品だな…と観ていた訳ですが、舞台演劇の映画化と知り合点がいきました。脚本が良いんですなぁ、終盤のドンデンも納得。


メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツという二枚看板だけでなく、脇を固めるキャストも主役級俳優が名を連ねる超豪華版。ベテラン、中堅に混じり、ベネディクト・カンバーバッチ、アビゲイル・ブレスリンと若手も芸達者なところをみせています。回りくどい台詞まわしが苦にならなければ、是非是非観て頂きたい、超オススメの傑作ですよ~。



スポンサーサイト
  •   20, 2014 19:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment