MADEMOISELLE C…マドモアゼルC~ファッションに愛されたミューズ~

MV5BMTg0MDc4NTQ5OV5BMl5BanBnXkFtZTgwODcyNjYwMDE@__V1_SY317_CR2,0,214,317_AL_
監督:ファビアン・コンスタン
キャスト:カリーヌ・ロワトフェルド


(allcinema映画データベースよりコピペ)
18歳でモデルとしてキャリアをスタートさせ、その後スタイリストに転身して活躍、2001年からはフランス版『VOGUE』誌の編集長に就任して大成功を収めたファッション界のカリスマ“マドモアゼルC”ことカリーヌ・ロワトフェルド。そんな彼女が2011年、10年間務めた編集長の座を投げ打ち、新たなレーベルの立ち上げに乗り出す。本作は60歳を目前にしてなお、新たな挑戦を続けるカリーヌ・ロワトフェルドの仕事と人生に迫るドキュメンタリー。



ポスターもトレイラーもパンフレットも、何もかもがスタイリッシュ。ファッションのミューズとしてモード界に君臨するカリーナ・ロワトフェルドのポリシーが、大音量の音楽と共に奏でられるドキュメンタリーです。
競争厳しいファッション界で生き抜く彼女のコンセプトは常にエキセントリック。しかし、自身のファッションはあくまでもエレガントさを失いません。特に、さりげなくクローズアップされる彼女のハイヒールが超お洒落。齢60を前にして、あのスタイルとセンスはさすがです。

ドキュメンタリーとしては、若干意図的で作為を感じますが、仕事だけでなく家庭にも恵まれても尚、次なる標的に狙いを定め突き進む姿を描く、エネルギーに満ち溢れた作品です。
スポンサーサイト
  •   26, 2014 12:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment