X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST…X-MEN:フューチャー&パスト

MV5BMTA2MDU0MjUxNDNeQTJeQWpwZ15BbWU4MDEwOTAwNTAx__V1_SX214_AL_.jpg

監督:ブライアン・シンガー
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、 ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ、ショーン・アシュモア、オマール・シー、エヴァン・ピーターズ、ダニエル・クドモア、ファン・ビンビン、エイダン・カント、ブーブー・スチュワート、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、ルーカス・ティル、ジョシュ・ヘルマン、エヴァン・ジョニカイト、マーク・カマチョ、アンナ・パキン、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、ケルシー・グラマー




(allcinema映画データベースよりコピペ)
 X-MEN誕生秘話を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の続編。暗黒の未来を変えるため、未来と過去の2つの時間を股にかけたミュータントたちの壮絶な戦いが繰り広げられていく。キャストにはウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンのほか、前作「ファースト・ジェネレーション」のジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらの続投に加え、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリーらオリジナル三部作のメンバーも再結集。監督は前作のマシュー・ヴォーンに代わり、前作ではプロデューサーを務めていたブライアン・シンガーが「X-MEN2」以来のシリーズ再登板となった。
 2023年、地球はバイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走によって滅亡へと向かっていた。それは、ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスクがその抹殺のために開発した最強兵器だった。しかしいまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始める。そこでプロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、トラスクが開発を始める1973年に遡って危機の根源を絶つことを決断する。そのためにウルヴァリンの魂を50年前へと送り込む。やがて地球滅亡のカウントダウンが刻まれていく中、2つの時代で壮絶な戦いが繰り広げられていくのだったが…。



ヒット作の続くマーベルコミックですが、X-MENシリーズ最新作も、新旧ファンの心を鷲掴みにする見事なエンタメ。最終兵器センチネルズの殲滅だけでなく、シリーズ連作の共通テーマ、偏見と差別の歴史を一気に更新せんとする意欲作でした。

二つの時間軸を同時に語り、過去の歴史に介入する事で未来の事象を書き換えるというタイムトラベルの手法は、避けられないパラドックスを抱える事になりますが、圧倒的な映像と豪華キャストがそんなリスクを吹き飛ばし、まさに力技で押し切った感。主に、前作『ファス・ジェネ』のメインキャストがストーリーを引っ張る中、キーパソンとなるミスティークを演じるジェニファー・ローレンスがフューチャーされます。正に飛ぶ鳥を落とす勢いですね。

チョイとネタバレになりますが、新たなるフェーズを迎えるラストで、オリジナルシリーズのオールキャストが顔を揃えるのも嬉しい。エンドロール後のオマケ映像と合わせて、2015年公開の次回作への期待が高まる仕掛けとなっています。


若き日のマグニートことエリックを演じるマイケル・ファスベンダー。相変わらず素敵~♪。
スポンサーサイト
  •   05, 2014 23:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment