THE GRAND BUDAPEST HOTEL…グランド・ブダペスト・ホテル…

MV5BMzM5NjUxOTEyMl5BMl5BanBnXkFtZTgwNjEyMDM0MDE@__V1_SX214_AL_.jpg
監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、シアーシャ・ローナン、エイドリアン・ブロディ、 ウィレム・デフォー、レア・セドゥ、ジェフ・ゴールドブラム、ジェイソン・シュワルツマン、ジュード・ロウ、 ティルダ・スウィントン、ハーヴェイ・カイテル、トム・ウィルキンソン、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
 「ライフ・アクアティック」「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソン監督が、レイフ・ファインズ、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジュード・ロウはじめ豪華キャストを迎えて贈る群像ミステリー・コメディ。ヨーロッパの一流ホテルを舞台に、とある常連客をめぐる殺人事件とその遺産争いに巻き込まれた“伝説のコンシェルジュ”グスタヴ・Hとその忠実なるベルボーイ、ゼロ・ムスタファが、自らの誇りとホテルの威信を懸けて事件を解明すべく繰り広げる大冒険の行方をユーモラスに描く。
 1932年。グランド・ブダペスト・ホテルは、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hの完璧なおもてなしが評判で、彼目当てのエレガントな客で溢れかえるヨーロッパ随一の超高級ホテル。そこでベルボーイ見習いとして働くことになったのが移民の少年ゼロ・ムスタファ。グスタヴの指示を忠実にこなし、少しずつ信頼を獲得していく。そんなある日、グスタヴと懇意の間柄だった富豪の常連客マダムDが殺害され、遺言で名画“少年と林檎”がグスタヴに贈られることに。しかしグスタヴには殺人の嫌疑がかけられ、おまけに絵を取り戻そうとマダムDの息子ドミトリーの刺客も迫ってくる。そんな中、グスタヴとゼロはコンシェルジュ仲間やゼロの婚約者アガサの力を借りて逃亡を続けつつ、事件の謎を解明すべくヨーロッパ中を駆け巡るのだったが…。



私にとってウェス・アンダーソン作品は、凄く期待して見に行くのに決して面白くない訳じゃないのに、絶対に途中寝落ちする鬼門なんですが、今回は大丈夫でした。まずは、期待通りに最後まで楽しめた自分を褒めたい。

彼独特の遠近感のない映像美と突き放したような台詞の間合いが光っています。それに加えて、超一流の男優女優が豪華共演し、なんとも贅沢なお洒落ムービーに仕上がっています。そして、一方では常道を行くキャスティング、他方ではミスマッチかと思わせるキャスティング。いやあ、中々深い。。。
ひと時代前のコンシェルジュを演じるレイフ・ファインズは何処までも優雅で、謎の刺客を演じるウィリアム・デフォーもシブさ際立つなど、とにかく語るに事欠きません。コメディ、ミステリー、アドベンチャー、ロマンス、ノスタルジー…あらゆる要素をぶち込んだ、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなアンダーソン監督の世界を存分に楽しめる、ご機嫌な作品でした。う~~~ん、満足。

少年ゼロが、自分の婚約者アガサに興味を示す〝人たらし″グスタフの一瞬を捉えて放つ一言、『口説かないで!』。笑えます。

スポンサーサイト
  •   11, 2014 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment