LAST VEGAS…ラスト・ベガス…

MV5BMTQ2ODg2MTIyNF5BMl5BanBnXkFtZTgwMzU2NjgwMDE@__V1_SX214_AL_.jpg
監督:ジョン・タートルトーブ
キャスト:マイケル・ダグラス、 ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン サム、メアリー・スティーンバージェン

(allcinema 映画データベースよりコピペ)
マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインというオスカー俳優4人の豪華共演で贈る痛快コメディ。年老いた悪友4人組が、唯一未婚だった仲間の結婚を祝い、独身最後の夜にラスベガスへと繰り出し、年甲斐もなくハメをはずさまを、4人それぞれの葛藤とそれでも変わらぬ熱い友情とともに綴る。監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。
 ビリー、パディ、アーチー、サムは悪ガキ時代からの大親友4人組。ある日、4人の中で唯一独身を貫いていたビリーが、若い恋人とついに結婚を決意、ラスベガスでバチェラー・パーティよろしく独身最後のバカ騒ぎをしようと他の3人に久々の招集をかける。パディは妻の葬儀にビリーが欠席したことを今も根に持っていたが、アーチーとサムに説得され渋々参加する。ところが、いざラスベガスに来てみるとホテルはどこも満室。すっかり予定が狂うも、アーチーがいきなりカジノで大勝ちし、ホテルの高級スイートに泊まれることに。そのまま景気よくクラブに繰り出し、若い娘をナンパしようと張り切る一行。最初はその輪にも加わらず、終始浮かぬ顔だったパディも、次第に穏やかな気持ちを取り戻していくが…。



いやはや、いずれも十二分に主役を張れる四人の大御所熟年俳優が、それぞれ楽しそうに大フィーバー。人物設定から舞台装置、ストーリーに至るまで、ビバ!アメ~リカ~!の脳天気作品ですが、年老いた自分たちの立ち居地を理解した彼らのハッスル振りは、それなりに見どころありますね。彼らの個性を生かしたキャスティングも成功。気難しいロバート・デニーロ、穏やかなモーガン・フリーマン、お気楽ケビン・クラインに、澄まし屋マイケル・ダグラスと、それぞれの持ち味がストーリーにうまく織り込まれた楽しい作品です。

高齢者問題が各国で切実なものになっているのか、近年こういったシルバー世代が主役を担う作品が増えていますが、さすがアメリカハリウッド、伴侶の有る無しにかかわらず、健康に不安が有ろうが無かろうが、今やりたい事できる事を後回しにせず、前向きに一歩を踏み出しましょう…と、声高らかに応援メッセージを送っています。


癌の手術で一時やせ細ったマイケル・ダグラスが、元気そうにモテモテおじさまを演じていて、なんだか嬉しくなりました。。。キャサゼタ姐さんの内助の功か???

スポンサーサイト
  •   09, 2014 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment