Noah…ノア 約束の船…

MV5BMjAzMzg0MDA3OF5BMl5BanBnXkFtZTgwNTMzOTYwMTE@__V1_SY317_CR0,0,214,317_AL_
監督:ダーレン・アロノフスキー
キャスト:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース


(allcinema映画データベースよりコピペ)
 「レスラー」「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が、“ノアの箱舟”伝説を壮大なスケールで映画化したヒューマン・アドベンチャー巨編。神の啓示を信じ、箱舟建設に邁進するノアが、自らに課された使命と家族への愛の狭間で葛藤を深めていくさまを迫力のスペクタクル演出ともに描き出す。主演はラッセル・クロウ、共演にジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス。
 ある夜、ノアは恐ろしい夢を見た。それは、堕落した人間たちを一掃するため、地上を大洪水が飲み込むというものだった。これを神の啓示と悟ったノアは、妻と3人の息子たち、それに蛮族に襲われ負傷しているところをノアに助けられ養女となったイラと共に、人間以外の生き物たちを守る箱舟の建設を開始する。やがて舟の完成が近づくと、どこからともなく現われた生き物たちが次々と舟に乗り込んでくる。そんな中、かつてノアの父を殺した宿敵トバル・カインが、舟を奪うべく群衆を率いて現われるが…。


ユダヤ人であるアレノフスキー監督が、『ノアの方舟』物語を新解釈で壮大なスペクタクル映画に作り上げ、旧約聖書『創世記』の記述に真っ向勝負!神の子としての与えられた使命を全うするのか、自由意志を持った人間としての慈悲を貫くのか、究極の選択に迫られるノアの姿を、信仰に潜む狂気滲ませながら描いていきます。

と、ちょっとぶち上げてみましたが…、う~ん、どうでしょう。実際のところ、多分、監督自身は宗教的な解釈を掘り下げるつもりは無く、世界的に有名なエピソードを一大エンタメ作品として描く事が目的だったと思われます。なぜなら、ある種サスペンスまがいの緊張感を持たせたクライマックスで、ノアがあっさり宗旨替え。狂気を描くはずのストーリーは終盤でグダグダの“家族愛万歳”映画に摩り替わってしまったから。。。えーっ!こりゃ何じゃ?と叫びたくなるほど失速したのでありました。
人類創生のエピソードにも、キリスト教とは相容れない進化論を潜りこませたりと、詰めが甘すぎ。神の教示を実行するノアの実像に迫るという意図は、中途半端なヒューマンドラマに収束する結果となっています。
巷では、結構評判良さげですが、私にとっては、キャストの熱演や資本投下されたCG映像がもったいないと感じる、残念な作品でした。






スポンサーサイト
  •   17, 2014 18:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment