THIRD PERSON…サード・パーソン…

MV5BMjAwNTk0OTczNV5BMl5BanBnXkFtZTgwNTI3NDE2MTE@__V1__CR29,29,953,1442_SX214_AL_
監督:ポール・ハギス
キャスト:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ、モラン・アティアス



(allcinema映画データベースよりコピペ)
 「クラッシュ」「告発のとき」のポール・ハギス監督が、パリ、ローマ、ニューヨークを舞台に、3組の男女の別々のエピソードを巧みに交差させて描き出すミステリー・ドラマ。出演はリーアム・ニーソン、オリヴィア・ワイルド、エイドリアン・ブロディ、モラン・アティアス、ミラ・クニス、ジェームズ・フランコ。
 パリの一流ホテル。スイートルームに泊まるピュリッツァー賞作家のマイケル。新作の執筆に追われながらも、別の部屋に泊まる作家志望の女性アンナとの不倫を楽しんでいた。ローマのとあるバー。いかがわしいアメリカ人ビジネスマンのスコットは、エキゾチックな美女モニカに目を奪われる。ひょんな成り行きから、彼女が誘拐された娘の身代金を紛失したと知り、手をさしのべようとする。ニューヨーク。元女優のジュリアは、息子の親権を巡って別れた夫リックと係争中。多額の裁判費用を工面するため、高級ホテルで客室係として働き始めるジュリアだったが…。



ポール・ハギス監督の新作『サード・パーソン』は、主人公の耳元で囁かれる“Watch me.”という言葉から始まります。それは多分、大人ではなく子どもの囁き声。その言葉の持つ意味は不明のまま、ミステリアスな設定の三つのストーリーが、思わせぶりに絡み合い、観る者は混乱の渦中に投げ込まれる。
複数のエピソードを同時進行させ、終盤のクライマックスで全ての解きとカタルシスを果たす…という手法は、名作『クラッシュ』でも使われたものですが、本作はミステリー要素が強い分若干キレが悪い。要するに、“そうか、そうだったのか!”と、手を打てないのです。“はあ、なるほど…ね。”と思いつつ、どこか釈然としない。それは恐らく、三つのエピソードに重なり合う要素が余りに情緒的で、謎解きの終局にいたる以前に迷宮の深淵へ迷い込んでしまったからだと思われます。
この、何通りにも解釈できそうな終焉こそがハギス監督の狙いなのかもしれませんが、すいません、今の私には重過ぎる。それでも何故か、何度も何度も反芻したくなるロマンチックで魅力的な作品です。う~ん、してやられたましたヮ。


作家マイケルの愛人アンナを演じるオリビア・ワイルドが、最高に切ない。真っ赤なバレンチノのドレスを纏った彼女は、息を呑む程美しいです。。。
スポンサーサイト
  •   26, 2014 17:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment