マダム・イン・ニューヨーク

english-vinglish-japan-release_01-187x250.jpg
監督:ガウリ・シンデー
キャスト: シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、プリヤ・アーナンド、アミターブ・バッチャン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
夫と子どものために人生を捧げてきたごく普通のインド人主婦が、ひょんなことから家族に内緒でニューヨークの英会話学校に通い始めたことをきっかけに自信が芽生え、人生の新たな喜びを見出していくさまをハートウォーミングに描いたインド発の女性ドラマ。主演はインドの国民的女優で本作が15年ぶりの復帰作となったシュリデヴィ。監督は本作が長編デビューとなるインド期待の女性監督、ガウリ・シンデー。
 料理上手のインド人専業主婦シャシは、2人の子どもと忙しいビジネスマンの夫サティシュに尽くす日々。しかし得意のお菓子作り以外では誰からも承認されないばかりか、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカされる始末。そんなある日、ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、家族より一足先にニューヨークへと向かう。ところが英語ができないことでたびたびトラブルを招き、心はすっかりブルーに。そんな時、“4週間で英語が話せる”という広告を目にした彼女は、家族や姉たちにも内緒で、その英会話学校に通い始める。やがて、世界中から集まった英語が話せない生徒たちとの交流を重ね、英語が少しずつ身についていく中で彼女の心境にも意外な変化が生まれ始めるが…。






英語が出来るか出来ないか…。そんなこたあハッキリ言って些細な事で、人間の値打ちを左右するような問題じゃない。言葉なんて所詮道具、大事なのはその言葉で何を語り何をするかって事です。英語を勉強していて感じるのは、母国語を正しく使い正しく行動することの大切さ。どんな言語を使おうと、語る言葉にはその人の人間性が現れるのです。

この映画は、普段私が感じている事をそのまま具現化したような作品で、アイデンティティの確立と他者への敬意がテーマとなっています。この二つは、一番身近な家族、夫婦親子兄弟にこそ必要な要素で、どちらも欠かす事は許されません。常に真実を見る目を養う事で、よりよい家族関係、より良い社会が生まれる事を信じたい。

主人公シャシの通う英会話学校のエピソードは、いささか綺麗事に過ぎるかもしれませんが、ある意味異文化理解の理想像と言えますし、何よりシャシ自身の清く正しく美しい心意気と佇まいが共感を呼びます。彼女に恋するクラスメートが居ても不思議でないわね。歌と踊りでお茶を濁すボリウッド映画とは一味違う本作。女性だけでなく男性にも観て貰いたいな。。。
スポンサーサイト
  •   02, 2014 15:00
  •  2
  •  0

Comment 2

Sat
2014.08.02
23:14

kashihara  

よいレビューですね。この映画すごく見てみたくなりました(^^)インド映画特有の群舞ダンスは無いのですか?

2014/08/02 (Sat) 23:14 | REPLY |   
Sun
2014.08.03
22:21

Sophiamaman  

>Kashiharaさん

女性の社会的地位が認められにくいインドで製作された事に、意義を感じます。
お約束の群舞は、終盤、姪っ子のインド流結婚式で披露。幸せを分かち合う感じで、納得です。

2014/08/03 (Sun) 22:21 | REPLY |   

Leave a comment